/

この記事は会員限定です

「Amazon労組」投票で否決 広がる格差、修復の難路

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志、ニューヨーク=大島有美子】米アマゾン・ドット・コムの物流施設における労働組合結成の是非を問う従業員投票が9日、反対多数で決着した。同社は米国の施設で初となる労組の誕生を回避した。約2カ月に及んだ労使の攻防は、テック大手に富が集まるなかで待遇が思うように改善しない労働者の不満も浮き彫りにした。

南部アラバマ州の物流拠点での投票結果は、会社側の圧勝だった。米メディアによると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン