/

米ファイザー、12~15歳への緊急使用申請 コロナワクチン

米ファイザーと独ビオンテックは、12~15歳へのコロナワクチンの緊急使用許可を申請した=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは9日、共同開発する新型コロナウイルスのワクチンについて、12~15歳への緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。米国では16歳未満のコロナワクチン接種が認められておらず、承認されればより幅広い年齢層の免疫獲得につながる。

両社は3月末、臨床試験(治験)で12~15歳の被験者に100%の有効性を確認できたと発表していた。米国では9月に控える新学期の開始前の承認をめざすとしており、米国以外の規制当局にも数日内に申請する見通しという。3月中旬からは生後6カ月から12歳未満を対象にした治験も進めている。

米国で承認されているワクチンは、いずれも16歳未満の接種が認められていない。ファイザー・ビオンテック製のワクチンは16歳以上、モデルナ製とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製は18歳以上を対象にしている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン