/

この記事は会員限定です

給付金1400ドルが試す企業の集金力(NY特急便)

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は30ドル高と小幅続伸し、3万1832ドルで取引を終えた。長期金利の上昇が一服し、前日に下げたインテルやアップルなどハイテク株に買いが集まった。10~11日の長期米国債の入札状況を見極めたいとの思惑から、午後の取引は上値が重い展開となった。

ハイテク株は長期金利の上昇基調を受けて2月半ばから軟調に推移していたが、9日の株価終値はインテルが5%高、マイクロソフト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン