/

この記事は会員限定です

テキサスの中絶禁止法、米企業が対応苦慮

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米南部テキサス州で9月に発効した人工妊娠中絶の大半を禁止する法律を巡り、米企業の対応が分かれている。ライドシェアのウーバーテクノロジーズなど一部企業が非難声明を出したものの、多くの企業や業界団体は沈黙を保ったままだ。2022年の米中間選挙でも争点となるテーマだが、個人の宗教観に関わる問題だけに経済界は態度を決めかねている。

米ライドシェア大手のウーバーとリフトは3日、中絶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン