/

米失業保険申請31万件、コロナ拡大後の最低更新

think!多様な観点からニュースを考える
米ニューヨーク市の中心部で掲げられた求人イベントの案内(3日)=ロイター

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が9日発表した失業保険統計(季節調整済み)によると、8月29日~9月4日の週間の新規失業保険申請件数は31万件と前週の改定値から3万5000件減った。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(約33万5000件)を下回った。新型コロナウイルスの流行が本格化した2020年3月以降の最低水準を2週連続で更新した。

総受給者数は8月22~28日の週は278万3000人で、前週の改定値から2万2000人減った。こちらも20年3月以降の最低水準となった。

連邦政府によるコロナ対策の給付金上乗せや給付対象の拡大、期間の延長といった特例措置は9月第1週で打ち切られた。米労働市場では雇用のミスマッチが深刻で、企業は必要な人材を十分確保できずにいる。

8日発表の雇用動態調査によると、7月の求人件数は1093万件と過去最高に達した一方、採用数は667万人にとどまった。手厚い失業保険給付が失業者の求職を遅らせてきたとの指摘もあり、今後は再就職が増えると期待されている。

一方、米シンクタンク「センチュリー財団」の試算では特例措置の打ち切りで750万人が給付を失う。景気回復の恩恵にはばらつきがあり、コロナ危機の打撃が特に大きかった低所得層は雇用環境や所得の改善が遅れている。経済支援策の打ち切りによって回復が鈍くなるとの懸念もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン