/

12月の米消費者態度指数、小幅に上昇 インフレ懸念緩和

【ニューヨーク=佐藤璃子】米ミシガン大が9日に発表した12月の消費者態度指数(速報値)は59.1と、前月の確報値である56.8から2.3ポイント上昇した。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(56.5)を上回った。過去最低を記録した6月から9.1ポイント上向いたが、依然として低水準にとどまっている。予想インフレ率や今後の見通しを示す指数も改善した。

1年先の物価の見通しを示す予想インフレ率は4.6%と2021年9月以来、1年3カ月ぶりの低水準となった。前月からは0.3ポイント下がったが、新型コロナウイルス流行前の水準(2%台)と比較すると高水準を推移している。5年先の予想は3.0%と前月から横ばいだった。

「現在の景況」を示す指数が60.2で1.4ポイント、「今後の見通し」が58.4で2.8ポイントそれぞれ上昇した。

同大の調査分析担当のジョアン・シュー氏は「インフレに対する懸念は依然として高いものの、ゆるやかに緩和されている」と分析した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません