/

この記事は会員限定です

サムスンやルネサスなど、米に半導体情報を開示

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米商務省が半導体のサプライチェーン(供給網)を把握するため企業に求めていた情報開示を巡り、8日に回答期限を迎えた。ルネサスエレクトロニクスや韓国サムスン電子などが回答した。半導体が世界的に不足するなか、同省は供給網の問題点を洗い出して安定調達につなげる狙いだ。

日本企業では車載半導体大手のルネサスやメモリー大手のキオクシアホールディングスなどが情報を提供した。ルネサスは回答状で「(米政府の)調査に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン