/

この記事は会員限定です

米、補助金でハイテク育成 AIなど先端研究開発に3兆円

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、北京=羽田野主】米議会上院は8日、人工知能(AI)や量子など先端技術の研究開発に290億ドル(約3兆2000億円)を投じる法案を可決した。半導体にも巨額の補助金をつぎ込む。ハイテク分野で中国に対抗するため、官民連携で研究開発を進める姿勢が鮮明になった。

「米国イノベーション・競争法案」が賛成68票、反対32票で通過した。与野党の対立が激しいなかでも、超党派の議員が支持した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン