/

この記事は会員限定です

中国の砂漠に米空母模型、ミサイル実験に利用か

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に米海軍の原子力空母やミサイル駆逐艦を模したとみられる建造物をつくったことが分かった。複数の米メディアが8日、人工衛星写真の分析をもとに報じた。対艦ミサイルの実験に使うとみられる。

報道によると、移動できるよう線路の上に設置されている模型もあるという。ミサイルの命中が難しい艦艇移動中を想定した実験や訓練に使う可能性がある。中国はこれまでも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン