/

この記事は会員限定です

米エネルギー大手、LNGプラントでCO2回収

[有料会員限定]

【ヒューストン=花房良祐】米国の液化天然ガス(LNG)会社センプラ・インフラストラクチャーのダン・ブルイエット社長は日本経済新聞に米南部ルイジアナ州のLNGプラント「キャメロン」付近で二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)装置を併設する計画を明らかにした。「低炭素LNG」として販売し、周辺のプラントのCO2も受け取るCCSハブ(拠点)とする構想だ。

ブルイエット氏はトランプ前政権でエネルギー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン