/

暗号資産5000億円を洗浄か 米で夫婦逮捕、押収額最高

【シリコンバレー=時事】米司法省は8日、45億ドル(約5200億円)相当の暗号資産(仮想通貨)のマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いで、ニューヨーク州の夫婦2人を逮捕したと発表した。併せて、不正入手した36億ドル超に相当する暗号資産を押収した。当局によると、金融資産の押収額としては過去最大。

モナコ副長官は声明で「暗号資産が犯罪者にとって安全ではないことを示すものだ」と述べた。

発表によると、ハッカーが暗号資産交換所のビットフィネックスへの不正アクセスで手に入れたビットコイン11万9754BTC(単位)の洗浄で共謀した疑い。取引は2000回以上に及び、いったん夫の取引口座に移され、このうち2万5000BTCは外部に送金された。当局は残っていた資産を口座ごと差し押さえた。

夫婦は、身分を偽り口座を開設。プログラミングを駆使し、自動で短期間で大量の不正取引を行っていたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン