/

米当局、13人を起訴 議会への不法侵入などで

【ニューヨーク=宮本英威】米司法省は8日、6日に発生したトランプ米大統領の支持者による連邦議会議事堂への乱入事件に関し、13人を起訴したと発表した。不法侵入や略奪行為、窓ガラスの破壊などに携わった13人の氏名を公表し、これ以外にも約40人を逮捕したことを明らかにした。

民主党のペロシ下院議長の部屋に侵入し、写真を撮影したリチャード・バーネット容疑者には、不法侵入や窃盗の容疑がかかっている。公金や公式文書を盗んだ可能性もある。8日朝に拘束され、アーカンソー州リトルロックの拘置所に収容された。

クリーブランド・メレディス容疑者はペロシ下院議長を脅迫したとされている。アラバマ州のロニー・コフマン容疑者には、議会敷地内で発見されたパイプ爆弾への関与が疑われている。同容疑者が所有する車両から、11の火炎瓶や銃が見つかった。

一方、ウェストバージニア州の州議会議員(共和党)であるデリック・エバンス容疑者も逮捕された。同容疑者は侵入時に動画を撮影して投稿していた。

米首都ワシントン(コロンビア特別区)連邦検察のマイケル・シャーウィン検事正代行は「捜査や逮捕に向けて必要な資源をすべて使う」との意向を示した。

米連邦捜査局(FBI)などは引き続き捜査を進めており、今後も拘束者が増える可能性が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン