/

この記事は会員限定です

日本企業狙うSPAC上場へ 社外取締役に元ロッテ監督

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=伴百江】米株式市場で発行が急拡大している特別買収目的会社(SPAC)で、日本企業を合併の対象とする会社がまもなく上場する。このほど、米証券取引委員会(SEC)にナスダック市場での新規株式公開(IPO)申請書類を提出した。このSPACとの合併を通じて、日本のスタートアップ企業は比較的短期間で米証券市場に上場できるようになる。米投資家にとっては将来有望な日本企業に投資する新たな機会にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン