/

バイデン氏、国防長官にオースティン氏の起用発表

「危機対処へ有能な人物」

オースティン氏は中東地域を統括する中央軍司令官に就いていた=AP

【ワシントン=中村亮】米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は8日、国防長官にロイド・オースティン元陸軍大将(67)を起用すると発表した。バイデン氏は声明で「我々がいま直面する課題や危機に対処できる極めて有能な人物だ」と指摘し、中国への対応や同盟関係の再構築に向けた指導力に期待を示した。

オースティン氏は議会上院で過半数の賛成を得て就任する。承認されれば黒人初の国防長官となる。連邦法は文民統制を維持するため軍人は退役から7年間は国防長官に就けないと規定している。2016年に退役したオースティン氏は連邦法の適用除外を上下両院で得る必要がある。民主党は文民統制を重視する傾向にあり、承認には身内の支持固めも必要だ。

オースティン氏は陸軍副参謀総長を経て、13年に米軍の中東地域を管轄する中央軍司令官に就いた。イラクやシリアで過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討作戦を指揮した。米軍はイラクやアフガニスタンで駐留規模を縮小しており、中東でのテロ対策を維持しつつ、中国やロシアへの対応を進める手腕が問われる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン