/

この記事は会員限定です

インフレ、企業業績に影 中古車大手減益(NY特急便)

米州総局 堀田隆文

[有料会員限定]

12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日末比0.3%安で取引を終えた。同日発表された3月の消費者物価指数(CPI)の伸び率が歴史的な高水準となり、物価高への警戒感が市場に広がった。消費者心理の悪化から、中古車販売大手の四半期業績が減益に転じるなど、インフレはこれまで堅調だった米企業の業績にも影を落とし始めた。

米労働省が12日発表した3月のCPI上昇率は前年同月比8.5%だった。約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン