/

米、日本への渡航警戒レベル引き下げ 「中止勧告」修正

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米国ではワクチン接種の広がりとともに空の旅も増えている(テキサス州ヒューストンの空港)=AP

【ワシントン=鳳山太成】米国務省は8日、日本への渡航の警戒レベルを4段階のうちレベル3の「再考せよ」に引き下げた。東京五輪・パラリンピックの中止論が広がるなか、5月下旬に渡航中止を勧告していた。新型コロナウイルスの感染状況を判断する基準を見直したため、渡航情報も改めた。

コロナの感染状況から渡航の是非を判断する米疾病対策センター(CDC)が8日までに、日本をレベル4(非常に高い)からレベル3(高い)に引き下げた。国務省はCDCの判断に加えて、治安やテロなどの情報を踏まえて総合的に判断した。

CDCは日本に渡航する場合、ワクチンの接種を完了するよう促した。接種を終えていない人は不要不急の旅行を控えるべきだと指摘している。

CDCは7日、渡航先のリスクをレベル4と判断する基準を厳しくした。「過去28日の新規感染者が10万人あたり100人超」から「同500人超」に変えた。コロナの感染拡大が激しい国と、制御されている国を区別するためだという。

国務省は5月24日、日本の渡航警戒レベルを最高のレベル4に引き上げ、米国民への渡航中止を勧告した。法的拘束力はないものの、五輪が2カ月後に迫るなかでの米国の渡航中止勧告は日本の国内外に波紋を広げていた。

サキ大統領報道官は5月25日の記者会見で、中止論が広がっている東京五輪について、開催に向けた日本の努力を支持する方針を改めて示した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン