/

Amazon、米で基本給上限4000万円に 人材確保へ倍増

think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムが2022年に米国内の基本給の上限を従来の2.2倍の年35万ドル(約4000万円)に引き上げることが8日までに分かった。事務職や技術職が主な対象となる。新型コロナウイルス禍からの経済再開で労働市場の需給が逼迫するなか、採用競争力を高めるとともに他社への人材流出に歯止めをかける。

社内文書を入手した複数の米メディアが報じた。アマゾンは文書のなかで賃上げの狙いについて「優秀な人材をひきつけ維持するために競争力を保つ必要性があり、通常の年よりも大幅に報酬水準を引き上げることにした」と説明した。日本経済新聞の問い合わせに対し、同社の広報担当者は報じられた内容は正確だと述べた。

アマゾンは長年、株式による報酬を用意することで基本給を抑えてきた。米求人検索サイト「インディード」によると同社のソフトウエアエンジニアの基本給の平均値は年13万1000ドル前後と、米メタ(旧フェイスブック)の年14万9000ドル前後を下回る。

物流費の上昇などで収益が圧迫されたことで21年のアマゾン株の上昇率は2.4%にとどまり、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数の27%を大きく下回った。株式報酬の魅力が薄れるなか、従業員の間では基本給の低さへの不満が高まり、幹部らの離職が増えていると報じられていた。

米国内の採用難は幅広い職種に及ぶ。アマゾンは21年の年末商戦に向けて米国内で梱包や配送業務に携わる社員らに平均18ドルの最低時給と最大3000ドルの入社時一時金を用意した。事業拡大に向けて大量採用を続ける一方で、従業員の定着が課題となっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン