/

米、30年に50%排出削減か 温暖化ガス目標で報道

バイデン政権は温暖化対策を優先課題の一つに掲げる=AP

【ワシントン=共同】バイデン米政権が地球温暖化対策のための温暖化ガスの排出削減目標を、2030年までに05年比50%減で検討していると、米ブルームバーグ通信が8日までに報じた。

バイデン政権は温暖化対策を優先課題の一つに掲げ、トランプ前政権が離脱したパリ協定に早急に復帰。4月22~23日には気候変動に関する首脳会合を主催するなど国際交渉の主導に意欲を示しており、どのような目標を掲げるのか注目されていた。バイデン政権は、首脳会合までに新目標を出すとしている。

報道によると、政権は目標を48~50%減で調整。さらに、環境保護団体の意見を踏まえ、53%まで引き上げられるかどうか検討しているという。

米国は、オバマ政権時に25年までに05年比26~28%減を掲げていた。その後、温暖化対策に後ろ向きだったトランプ前政権を経て、国際社会からの信頼回復のためにも高い目標を示すことが求められていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン