/

この記事は会員限定です

米、中南米外交に綻び 8カ国首脳が会議ボイコット

[有料会員限定]

【ロサンゼルス=清水孝輔】米国の中南米に対する外交政策に綻びが目立っている。8日に開幕した米主催の米州首脳会議では、中南米8カ国の首脳がボイコットした。米政府が民主主義や人権重視を求めて圧力をかけた結果、中南米側が反発したためだ。「米国の裏庭」と呼ばれる中南米で中国の影響力を抑止する思惑は、かえって米国不信を高めることにつながっている。

「世界で民主主義が危機にさらされている。再び結束し、民主主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン