/

「銃の暴力は国際的な恥」 バイデン氏、規制策を発表

(更新)
バイデン米大統領は「ゴースト銃」の拡散阻止などの銃規制策を発表した=ロイター

【ワシントン=芦塚智子】バイデン米大統領は8日、相次ぐ乱射事件を受けた銃規制策を発表した。部品購入の際に身元確認の必要がなく、製造番号もないため追跡が困難な「ゴースト銃」と呼ばれる自家製銃の規制などが柱。バイデン氏は「この国の銃による暴力は疫病で、国際的な恥だ」と強調し「行動する時だ」と議会に銃規制法案の可決を求めた。

バイデン氏の指示を受け、司法省は30日以内にゴースト銃の規制案を提出する。自身や他人に危害を加える恐れのある人物から銃器を一時的に没収できるようにする「レッドフラッグ(危険信号)法」の各州での成立を促すため、法案のひな型も作成する。規制策は反対派による実施差し止めの訴訟が起きる可能性もあり、実効性は不透明だ。

またバイデン氏は、アルコール・たばこ・銃器取締局(ATF)の局長に元ATF職員で銃規制派のチップマン氏を指名すると発表した。

バイデン氏は、南部ジョージア州でアジア系女性ら8人が犠牲となった銃乱射事件などに触れ、米国では1日あたり106人が射殺されていると指摘。上院に対し、下院が可決した銃購入の際の身元確認を厳格化する法案を通すよう訴えた。殺傷能力の高い半自動ライフル銃など「攻撃用銃器」の製造販売禁止や、銃器製造会社への法的保護の撤廃などの必要性も主張した。

米最大の銃ロビー団体である「全米ライフル協会(NRA)」はツイッターで「バイデンは(武器を保有する権利を認めた)合衆国憲法修正第2条を破壊している。立ち上がり闘う時だ」と銃規制策を批判した。

米国では銃乱射事件が相次いでいる。南部サウスカロライナ州ロックヒル近郊では7日、医師の自宅が襲われ5人が銃で殺害される事件が発生した。AP通信は8日、米プロフットボールNFLのフィリップ・アダムズ元選手(33)が銃撃した容疑者とみられると伝えた。アダムズ元選手は事件後に銃で自殺した。NFL在籍時に骨折など複数のけがに苦しんだという。

南部テキサス州ブライアン市でも8日に銃乱射事件が発生し、少なくとも1人が死亡、4人が負傷したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン