/

マクドナルド、ロシア全850店閉鎖 スターバックスも

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドは8日、ロシアで展開する全850店を一時閉鎖する方針を明らかにした。欧米の主要企業が相次ぎロシア事業の見直しを表明するなか、マクドナルドは明確な方針を示さず投資家などから批判の声が出ていた。同様に態度を鮮明にしていなかった米スターバックスやコカ・コーラも事業停止を表明した。

マクドナルドのクリス・ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)が従業員とフランチャイズチェーン(FC)加盟店に対しメールで明らかにした。「一企業として(ロシアによる)侵略と暴行に対し非難を表明し、平和を祈念する世界の動きに加わる」と記した。

店舗を閉鎖しても、ロシア国内の従業員6万2000人に対する賃金の支払いは続けるという。ロシアの店舗のうち84%は直営店で残りはFC店だった。ウクライナでは首都キエフなどを中心に約100店舗の直営店を展開する。マクドナルドの売上高に占めるロシアとウクライナの比率は約2%。

スターバックスも8日、ロシアで展開する全130店舗の一時閉鎖を決めた。ケビン・ジョンソンCEOが従業員向けのメールで明らかにした。同国内では従業員2000人を抱えている。「ロシアによるウクライナへの攻撃を非難する」と述べた。コカ・コーラも8日午後、ロシアでの事業を一時停止すると発表した。

食品・日用品大手の英ユニリーバも「ロシアとの輸入・輸出事業を停止する」との声明を出した。ロシアでの宣伝・広告もすべて停止する。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン