/

この記事は会員限定です

「プログレ」の新星、保守の牙城崩すか テキサスで躍進

アメリカン・デモクラシー 中間選挙まで50日③

[有料会員限定]

9月6日、米南部テキサス州オースティンで開いた民主党集会。「テキサスは(共和党が優勢の)赤い州ではない」。11月の中間選挙で同党の下院議員候補として出馬するグレッグ・カザール氏(33)は力説した。「テキサスを変えれば、米国を変えられる」

米民主党内で環境や格差是正などを重視する「プログレッシブ」と呼ばれる急進左派グループが存在感を増す。その新星がカザール氏だ。民主党の主流派に対抗するオカシオコル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン