/

この記事は会員限定です

トランプ氏元側近、寄付金横領に無罪主張 NY州が起訴

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=弓真名】寄付金横領などの罪を問われたトランプ前米大統領の元側近、スティーブ・バノン被告は8日、東部ニューヨーク州の最高裁判所で罪状認否に応じ、起訴内容を全面的に否認した。トランプ氏の首席戦略官として不法移民の流入を抑える「メキシコ国境の壁」建設を主導したが、検察側はその際に募った寄付金の一部を横領した疑いがあるとしている。無罪を主張するバノン被告側との法廷闘争が長引く可能性がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン