/

米、ミャンマー国営企業に制裁 宝石公社の資産凍結

バイデン米政権はミャンマー制裁を強化する=AP

【ワシントン=大越匡洋】米財務省は8日、ミャンマー国営企業への追加制裁を発表した。クーデターを起こした国軍による体制を支えているとして、ミャンマー宝石公社(MGE)を制裁の対象に加え、米国内にある資産の凍結といった措置を講じる。

米財務省によると、MGEはヒスイやその他の宝石の採掘などを担う。国軍による体制維持の主要な資金源とみなし、今回の制裁について「主要な国営企業を含め、ビルマの軍事資金源を否定する米財務省の取り組みを浮き彫りにしている」と説明した。

バイデン政権は外交政策で人権重視を掲げ、ミャンマーのクーデターに強い懸念を示してきた。これまでも国軍が深く関与する企業に制裁を科すなど、締め付けを強めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン