/

メキシコ、10月の車生産25万台 4カ月連続前年割れ

【メキシコシティ=清水孝輔】メキシコの国立統計地理情報院(INEGI)が8日発表した10月の自動車生産台数は25万7813台と前年同月比26%減となった。世界的な半導体不足の影響が収束せず、4カ月連続で前年の水準を大幅に下回った。

調査対象の13社のうち11社が前年同月を下回った。米ゼネラル・モーターズは69%減と最も落ち込みが大きかった。日本の日産自動車は18%減と落ち込み幅は前月に比べて縮小した。トヨタ自動車は6%増と増加に転じた。1~10月の累計では252万488台と前年同期比で2%伸びた。

メキシコでは新型コロナウイルスの感染拡大で2020年4月に工場がほぼ止まり、5月から徐々に稼働が再開していた。21年の前半は前年同月比で回復していたが、半導体不足の影響が顕在化したことで足元では大幅減が続いている。

21年10月の輸出台数は22万4535台と前年同月比20%減だった。4カ月連続で前年同月の水準を下回った。1~10月の累計では223万9174台と前年同期を6%上回った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン