/

米リジェネロンの抗体カクテル薬、8カ月後も予防効果

【ニューヨーク=西邨紘子】米バイオ医薬のリジェネロン・ファーマシューティカルズは8日、同社の新型コロナウイルスの抗体カクテル薬「REGEN-COV」について、投与後2~8カ月の期間、コロナへの感染リスクを81.6%低減させる効果が確認できたと発表した。

リジェネロンは4月、この薬の予防効果についての後期臨床試験(治験)の結果として、投与から1カ月の期間に感染リスクを81%低減させる効果があったと発表していた。今回の発表は、同じ治験の参加者を対象に、投与から8カ月後までの感染状況のデータを集めて分析した。この期間中、プラセボ(偽薬)投与グループからはコロナ感染により6人が入院したが、抗体薬を投与したグループでは入院患者はいなかった。

リジェネロンと共同で治験を進めた米国立衛生研究所(NIH)のコーエン医師は、抗体カクテル薬が長期の予防効果を持つ可能性を示したことは、免疫機能低下などの理由でワクチンが効きにくい人に「特に重要性の高い結果だ」とコメントした。

米国でこの薬は既に、重症化リスクの高いコロナ患者向け治療薬として、また濃厚接触者の予防薬としての緊急使用が承認されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン