/

Nvidiaの5〜7月、売上予想17%未達 ゲーム用GPU減速

(更新)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアは8日、2022年5〜7月期の売上高が予想を17%下回る67億ドル(約9000億円)だったようだと発表した。81億ドルを見込んでいたが、ゲームに使うGPU(画像処理半導体)の販売が落ち込んだ。消費の減速に加え、暗号資産(仮想通貨)相場の低迷によるGPUの値崩れも影響を及ぼした。

67億ドルは前年同期を3%上回るものの、前の四半期(2〜4月期)と比べ19%低い水準だ。ゲーム部門の売上高が20億4000万ドルと前年同期比で33%減り、前四半期比では44%減少するのが響く。もう1つの主力事業であるデータセンター部門の売上高は38億1000万ドルで、前年同期比・前四半期比ともにプラスだった。

ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は声明で「当社のゲーム関連製品の販売予測は、四半期が進むにつれて大幅に落ち込んでいった」と説明した。ゲーム向けのGPUは20〜21年にかけて手に入りにくい状態が続いていたが、22年に入り流通在庫のだぶつきが目立っている。

エヌビディアは減速の要因を「マクロ経済環境の逆風」と説明している。消費者の購入意欲の減退に加えて影響を及ぼしたとみられるのが、マイニング(採掘)にGPUを利用する仮想通貨の相場低迷だ。マイニングをしてももうからないためGPUの需要が冷え込んでおり、中古市場ではこれまで使っていたGPUを投げ売りする動きもある。

JPモルガンのアナリスト、サンディープ・デシュパンデ氏は「エヌビディアのゲーム部門は仮想通貨(のマイニング)に使うチップも含んでいる」との見方を示す。そのため「(ゲーム市場の停滞以上に)減速が際立っている」と指摘する。

ファン氏は「流通価格と在庫を調整するための措置をとった」と言い、流通事業者と販売価格の見直しを進めていることを明らかにした。5〜7月期は主に在庫調整のための引当金として、13億2000万ドル の費用を計上する。

売上高予想に対する大幅な未達を公表したことで、8日の米株式市場でエヌビディアの株価は約6%下落した。同社は24日に5〜7月期の決算発表と電話会見を予定しており、ファン氏やコレット・クレス最高財務責任者(CFO)が詳細を説明する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン