/

メキシコ大統領、新型コロナから回復 公務に復帰

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコのロペスオブラドール大統領は8日、定例の記者会見に復帰した。1月24日に新型コロナウイルスへの感染を公表後、平日に毎朝実施する会見はサンチェスコルデロ内相が代行し、公の場には顔を見せていなかった。ロペスオブラドール氏は「幸運なことに克服した」と述べた。

同氏は感染公表前、記者会見や視察の際にマスクを着用することはほとんどなかった。この日の会見では今後も従来通り、着用しない方針を示した。

メキシコでは2020年12月24日から新型コロナのワクチン接種が始まっている。現状は医療関係者が対象で、ロペスオブラドール氏は自身の年齢(67歳)が該当する段階で接種する意向を示している。

同氏はこの日の会見で、21年の実質経済成長率について「5%伸びると思う」との見方を示した。ただ、民間銀行などの予測を集計した中央銀行の最新の見通しは3.74%になっている。

ロペスオブラドール氏は1月24日にツイッターへの投稿で感染を明らかにした際、「症状は軽微」と書き込んでいた。今月4日に公開した動画では陰性の確認を報告し、公務復帰まで数日待つ方針を示していた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン