/

世界経済、21年5.6%成長 世銀見通し上方修正

米経済は急回復している=ロイター

【ワシントン=大越匡洋】世界銀行は8日発表した世界経済見通しで、2021年の世界全体の実質成長率を5.6%と予測し、前回1月予想から1.5ポイント上方修正した。新型コロナウイルス禍から米中経済が復調し、全体をけん引する。「世界的な景気後退後では過去80年で最も高い成長率」としている。

米国の21年の成長率は6.8%を見込む。前回予測を3.3ポイント上回り、1984年以来の高成長としている。3月に1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策を実現したほか、新型コロナのワクチン普及で景気が急回復した。中国は8.5%成長と予測した。

日本は0.4ポイント上方修正の2.9%成長と見込む。東京五輪・パラリンピックは「海外の観客を受け入れないため経済効果が限定的になる」としたが、堅調な国内経済と旺盛な外需が成長を支え、22年も2.6%の伸びを予測している。

世界経済は回復の力強さを増しているものの、世銀は「21年末時点でも世界全体の国内総生産(GDP)の総額はコロナ危機前の予測を約2%下回る」と指摘。マルパス総裁は「途上国では貧困と不平等が引き続きもたらされている」と懸念を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン