/

米アクシオス、老舗メディアに身売り 約700億円

【ニューヨーク=清水石珠実】米ニュースサイト「アクシオス」を運営する米デジタルメディア企業「アクシオス・メディア」は8日、複合企業コックス・エンタープライジズ(米南部ジョージア州アトランタ)に自社を売却したと発表した。資金力の大きな企業への身売りを通じて、編集部の拡充や報道地域の拡大を目指す。

売却額は公表していないが、米メディアによると5億2500万ドル(約700億円)という。

アクシオスは2017年に、政治専門サイト「ポリティコ」の共同創業者ジム・バンデハイ氏らが創刊した。バンデハイ氏を含む3人の共同創業者は、今後も少数株主として残り、継続してアクシオスの経営や編集の指揮を執る。

アクシオスは、高い取材力で得た独自の情報を、要点がつかみやすい箇条書きスタイルで伝え読者の支持を集めている。20年には、ノースカロライナ州の地元報道サービス「シャーロット・アジェンダ」を買収してローカル報道に参入。現在ではアクシオスのローカル版を20都市以上で展開する。

コックスは新聞やケーブルテレビを傘下に持つ老舗メディアで、アクシオスが進めるローカル報道の強化路線を支援していく方針を示した。

最近は老舗メディアが新しい収入源を求め新興メディアを買収する例が増えている。今年2月、米ニューヨーク・タイムズはスポーツ情報専門サイト「ジ・アスレチック」を5億5000万ドルで買収した。昨年には独メディア大手アクセル・シュプリンガーがポリティコを買収している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン