/

米決済ペイパル、後払い新興のペイディを買収 3000億円

think!多様な観点からニュースを考える
米決済大手のペイパルは日本のペイディを3000億円で買収する

【ニューヨーク=宮本岳則】米決済大手ペイパル・ホールディングスは7日、日本で後払いサービスを手がけるペイディ(東京・港)を買収すると発表した。買収金額は3000億円となる。以前から強みを持つ越境電子商取引(EC)決済に、新たなサービスを加え、日本での事業基盤を強化する狙いがある。資本力のある海外大手の本格参入で競争は一段と激しくなる。

1998年創業のペイパルは、使い勝手の良さを武器にEC決済で圧倒的な地位を築いた。稼働口座数は6月末までに4億を突破。このうち4割は米国外だ。ペイパルで決済可能な加盟店も3200万に達する。時価総額は約3400億ドルで米大手銀行に肩を並べる。

日本市場では海外と商品をやりとりする越境ECの決済に注力してきた。稼働口座数は430万。ペイパルのダン・シュルマンCEOはかねて、世界3位のEC市場である日本を重点地域の一つに挙げていた。現金決済が7割を占める日本は成長余地が大きいとみる。会員数600万人のペイディを買収することで、国内決済市場での存在感を一気に高める狙いだ。

ペイパルは日本市場の成長余地が大きいと判断した

ペイディはクレジットカード不要の後払い決済サービスを手掛ける。日本では数少ない時価総額10億ドル(約1100億円)超の未上場企業スタートアップの一社だ。3月には米著名投資家ジョージ・ソロス氏一族が運営するファンドなどから総額130億円を調達。未上場企業の資金調達としては過去最大規模となり、注目を集めた。

ペイパルは買収を現金で行う。2021年10~12月期に取引を完了する見通しだ。ペイディ創業者のラッセル・カマー会長と、杉江陸社長兼最高経営責任者(CEO)は買収後も会社に残り、同社の経営のかじ取りを任される。

後払いサービスは「バイ・ナウ・ペイ・レーター(BNPL)」と呼ばれ、欧米を中心に利用が急拡大している。手数料なしの分割支払いサービスが若年層をひき付ける。米金融サービス会社のフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービシズ(FIS)によると20年に世界のEC決済に占める割合は2.1%。24年には4.2%に上昇すると予想する。

後払い市場の競争は激しく、資本力の勝負になりつつある。米決済大手のスクエアは8月初め、オーストラリアの新興、アフターペイを約290億ドルで買収すると発表した。クラーナ(スウェーデン)は6月、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから6億3900万ドルを調達。企業価値は5兆円規模に膨らんだ。グローバル競争の波が日本のフィンテック市場にも押し寄せた。

ペイパルとは
1998年設立の米決済サービス大手。クレジットカードや銀行口座をアカウントに登録すると、個人間や加盟店で決済・送金できるサービスを手がける。世界全体で稼働するアカウントは4億を超え、加盟店は3200万に達する。共同創業者にはテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のほか、著名投資家ピーター・ティール氏が名を連ねる。
ペイディとは
2008年設立の日本のスタートアップ企業で、14年に後払い決済サービスを開始。消費者がネット通販の買い物でメールアドレスと電話番号を入力すると信用情報機関の個人データなどから与信を瞬時に判断し、クレジットカードを使わずに最大30万円の枠内で買い物ができる。消費者は原則翌月10日までにコンビニエンスストアで支払う。日本を中心にアカウント数は600万を超える。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン