/

米大統領報道官、北京五輪参加は「同盟国と協議し対処」

サキ米大統領報道官は北京冬季五輪への参加問題について同盟国と緊密に連携する立場を示した=ロイター  

【ワシントン=永沢毅】サキ米大統領報道官は7日の記者会見で、2022年北京冬季五輪への参加問題について「同盟国や友好国と緊密に相談し、共通の懸念を明確にして足並みをそろえて対処する」との従来の方針を重ねて説明した。「私たちの立場は何も変わっていない」とも述べた。

サキ氏は「同盟国や友好国とボイコットについてこれまで議論したことはない。今も議論していない」と現時点での立場を強調した。ロイター通信によると、米国オリンピック・パラリンピック委員会は7日、選手のボイコットに反対するとの見解を表明した。

北京五輪を巡っては中国による香港などへの人権弾圧を理由に米国でボイコット論が浮上しており、国務省のプライス報道官が6日の会見で「同盟国と協議したい」と発言した。これを受けて一部の米メディアが「米国がボイコットを同盟国などと検討している」と報じたが、国務省は報道内容を否定した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン