/

この記事は会員限定です

中絶論争、目覚めるか民主党 人権喪失に危機感

アメリカン・デモクラシー 新たな発火点②

[有料会員限定]

5月3日、民主党系の献金サイト「アクトブルー」に1200万ドル(15億円)もの献金が集まった。政治マネーの動きを調べる非営利組織オープン・シークレッツによると、前回2018年の中間選挙で集めた1日あたり平均の実に7倍におよぶ。

きっかけは2日夜、全米を駆け巡った米政治サイト、ポリティコの報道だ。「米連邦最高裁が中絶の権利を覆す可能性が高まった」。内部草稿を入手したとして伝えた。

女性が人工妊娠中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン