/

米への不法越境、3月7割増 バイデン政権に難題

中米諸国からの移民希望者が急増している(7日、テキサス州)=ロイター

【ワシントン=芦塚智子】米バイデン政権は8日、メキシコとの南西部国境で拘束した3月の不法越境者数が前月比71%増の約17万2千人にのぼったと発表した。米メディアによると少なくとも過去15年間で最高水準に達した。トランプ前政権の強硬な移民規制政策からの転換が影響したとみられ、政権にとって難題となる。

米税関・国境取締局(CBP)によると、特に中米諸国から保護者の付き添いなしに不法越境した未成年者の数は1万8890人と前月から倍増した。政権高官は未成年者については保護施設への移送を加速していると説明するが、人権団体や民主党左派は収容状況が劣悪だと批判している。

また政権高官は不法越境者全体の60%にあたる10万3900人を即時送還したとして「無国境状態ではない」と強調した。ただ、そのうち28%は以前に送還されたものの再び不法越境を試みていた。

バイデン氏は3月末の記者会見で、国境の状況について「何も変わっていない。国境にやってくる人の数は毎年、1~3月に大幅に増加する」と述べ、政権の寛容姿勢のせいではないとの認識を強調した。しかし現政権での増加率は過去数年と比較しても大きい。共和党は「国境の危機」と批判を強めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン