/

この記事は会員限定です

ロシア事業継続にリスク 「ウィンウィンはあり得ない」

エール大経営大学院 ジェフリー・ソネンフェルド教授 

[有料会員限定]

米エール大は、ロシアのウクライナ侵攻を巡りグローバル企業がどのような対応を取っているか調査した。ロシア事業を見直す動きは主要企業200社超に広がる一方、米コカ・コーラやマクドナルドなど事業継続を選択する企業もある。ガバナンス(企業統治)に詳しい同大経営大学院のジェフリー・ソネンフェルド教授に、企業がとるべきロシア事業の対応を聞いた。

一部の企業は臆病さと取締役会のガバナンス(企業統治)のまずさ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン