/

この記事は会員限定です

米運用大手TロウCEO、ESG投資「試される信念」

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻でESG(環境・社会・統治)運用が試練に直面している。直近の運用成績は市場平均を下回り、旗振り役のウォール街にも再考を迫る。運用資産総額約200兆円の米大手運用会社、ティー・ロウ・プライス・グループのロバート・シャープス最高経営責任者(CEO)は、気候変動問題を重視する現行のESG運用について「今こそバランスをとることが必要」と述べた。

――ウクライナ危機は投資環境にど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融直言

日経電子版「金融直言」は、金融分野のキーパーソンとの経済社会問題の本質に迫る白熱したやりとりを生き生きとした筆致で描くインタビュー形式のコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン