/

Apple、「デジタル遺産」継承しやすく iCloudに新機能

(更新)

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは7日、自社製品のユーザーが亡くなった場合に、同社のクラウドサービス「iCloud」に保存した写真や書類などのデータを家族や友人に簡単に引き継げるサービスを始めると発表した。デジタル遺産の継承を手助けする試みとして注目を集めそうだ。

7日に開いた開発者会議「WWDC」の基調講演で、「デジタル遺産プログラム」と呼ぶ新サービスを発表した。ユーザーがiCloudにあらかじめ「故人アカウント管理連絡先」として家族や友人を登録しておくことで、ユーザーの死後に登録者からの要請に応じてアップルが故人のデータへのアクセスを認める仕組みだ。サービス開始日などの詳細は明らかにしなかった。

アップルは同日、有料版のiCloudサービスについて料金を据え置いたまま機能を拡充し、「iCloud+(プラス)」に名称変更することも発表した。iCloud+ではネット閲覧の際にやりとりする信号を暗号化し、傍受や解読を防ぐ「プライベートリレー」と呼ぶ新機能などが使えるようになる。外出先の公衆無線LANなどからインターネット接続する際などのセキュリティーを高められるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン