/

米、パレスチナ支援再開へ トランプ前政権の方針転換

ブリンケン米国務長官はパレスチナ支援の復活を表明した=ロイター

【ワシントン=共同】ブリンケン米国務長官は7日、声明を出し、トランプ前政権が大幅に削減したパレスチナ支援を復活させるため、計2億3500万ドル(約260億円)の経済開発援助や人道支援を実施すると表明した。イスラエル寄りの前政権が中止した国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金拠出再開も含まれる。

バイデン政権はこれまでパレスチナへの支援を再開すると明言してきたが、今回の発表で具体化された。ブリンケン氏は支援再開がパレスチナとイスラエルの「2国家共存」による解決にも役立つと強調した。

声明によると、UNRWAを通じ1億5千万ドルを提供。ほかに、ヨルダン川西岸とガザ地区の経済開発に7500万ドル、平和構築プログラムに1千万ドルを支援する。

UNRWAはパレスチナ難民に対する教育や医療、食料支援などの事業を担っているが、最大の資金拠出国だった米国が18年に拠出を中止し、資金難が続いてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン