/

この記事は会員限定です

米社会の価値観転換、Z世代に継承 活動家スマッカー氏

ウォール街占拠10年

[有料会員限定]

2011年のウォール街占拠運動に参加し、現在は米ペンシルベニア州で活動家をしているジョナサン・スマッカー氏に当時の様子や米社会の未来について聞いた。

――ウォール街占拠運動に参加したきっかけは何だったのですか。

「カナダの雑誌『アドバスターズ』が呼びかけているのをSNS(交流サイト)で見かけたのが最初だった。私自身、社会運動を計画したことがあり、当初は成功するわけがないと懐疑的だった。社会運動を起...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン