/

この記事は会員限定です

中国恒大の債務リスク、米投資家も身構え(NY特急便)

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

連休明けの米国株式市場はさえない展開だった。7日のダウ工業株30種平均は終日、マイナス圏で推移し、ハイテク株中心のナスダック総合株価指数も前週末比ほぼ横ばいで終えた。米経済成長の鈍化懸念に加え、「中国リスク」が上値を抑える。米株の割高さが広く意識されるなか、投資家は身動きが取りづらくなってきた。

「年内に予想外のことが起きるとすれば、中国だろう」。米証券ミラー・タバックのストラテジスト、マシュー・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン