/

この記事は会員限定です

米株3日続伸、「下値を拾え」の賞味期限(NY特急便)

米州総局次長 田口良成

[有料会員限定]

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。直接のきっかけは米連邦政府の債務上限問題を巡り与野党が先送りで合意したことやエネルギー価格の上昇一服だ。だが、ダウ平均は債務上限問題などがくすぶっていた5日から上げており、こうした要因だけで上昇を説明するのは無理がある。背景にあるのは下値を拾う投資家の存在だ。

10月に入って1週間。市場はまだ9月後半の後味の悪さを引きずっている。S&P500種...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン