/

米「国際ルール違反に対抗」 中ロと安保理で応酬

ブリンケン米国務長官は7日、国連安保理の会合で「人権と尊厳を国際秩序の中核に据えるべきだ」と演説した

【ニューヨーク=白岩ひおな】ブリンケン米国務長官は7日、国連安全保障理事会のオンライン会合で「国際ルールの違反者に力強く対抗する」と語り、中国やロシアを念頭に、人権の保護を国際秩序の中核に据えるべきだと主張した。一方で中国の王毅(ワン・イー)外相やロシアのラブロフ外相は米国が優位を保つために国際的なルールを定義していると批判するなど、激しい応酬を繰り広げた。

5月の安保理議長国を務める中国の要請で招集された会合は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や地球温暖化などの国際課題をめぐる多国間協力がテーマとなった。

ブリンケン氏は「ナショナリズムが復活し、抑圧や国家間の対立が深まり、ルールに基づく国際秩序への攻撃が増している」と述べ、国連が深刻な脅威にさらされていると指摘した。「米国は多国間協力が必須だと考えている」とし、「米国第一主義」を掲げたトランプ前政権からの方針転換を改めて強調した。新型コロナや気候変動をめぐり「深刻な違いがある国も含めて、あらゆる国と協力していく」と述べた。

中国やロシアを念頭に「国際秩序を弱体化させたり、合意したルールを存在しないもののように装ったり、違反したりする国を目の当たりにすれば、米国は強く対抗する」とクギを刺した。国家が内政不干渉を盾に拷問や民族浄化などの人権侵害をすることは認められないとした。中国による新疆ウイグル自治区での人権侵害や台湾への威圧的行動などを想定した発言とみられる。

ブリンケン氏は中ロが抱える人権問題や紛争への介入姿勢を強めている。7日には世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に24日から開くWHO総会に台湾をオブザーバーとして招待するよう要請した。6日にはキエフでウクライナのゼレンスキー大統領と会談し、ロシア側との紛争を抱えるウクライナの「主権と領土の一体性、独立を支持する」と表明した。

一方、王毅外相は中国が国際ルールを順守していると強調した。「国際ルールは少数者の特許や特権ではない」と述べ、「どの国も他国を負かすことを期待してはならない」と指摘した。米国の名指しは避けたものの、米国が国際ルールを中国の台頭を抑え込むために利用しているとの非難を込めた。

中国の王毅(ワン・イー)外相は7日の演説で「国際ルールは少数者の特許や特権ではない」と米国に反論した

ロシアのラブロフ外相はブリンケン氏が掲げた「ルールに基づく秩序」は「他国を抑圧しようとする欧米の試みを装ったものだ」と強く反論した。米国と欧州連合(EU)がロシアなど複数の国に科す経済制裁は「相手をゲームから排除するためのもので、ウイルスのまん延に対処する発展途上国の能力を著しく低下させた」と糾弾した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン