/

Facebook、トランプ大統領のアカウントを無期限凍結

(更新)
米フェイスブックはトランプ米大統領に対する寛容な姿勢を転換した(カリフォルニア州メンロパーク市の同社本社)

【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックは7日、トランプ米大統領のアカウントを無期限に凍結し、同氏がSNS(交流サイト)に投稿できなくすることを明らかにした。米連邦議会に支持者が乱入して死者が発生した6日の事件を受け、トランプ氏に自由な発言の場を提供してきた従来の姿勢を転換した。

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)がフェイスブックへの投稿を通じて新たな方針を説明した。「政権移行期に当社サービスの利用を続けることを許容するリスクは大きすぎると考えた」と述べ、少なくとも政権移行が平和裏に完了するまで今後2週間は投稿を認めないとしている。

トランプ氏は6日、混乱が広がっているにもかかわらず支持者に「皆さんは特別」「愛している」などと呼びかける動画をSNSに投稿し、違法行為を制止しなかったとの指摘を受けている。フェイスブックはこの動画を削除し、利用規約に違反したトランプ氏のアカウントを24時間にわたって凍結する方針を示していた。

同社はトランプ氏の政治姿勢に反対する人たちから批判を受けても、投稿を妨げることは極力避けてきた。ザッカーバーグ氏は7日、「賛否両論ある内容でも、人々は政治的な発言に最大限アクセスする権利がある」と改めて主張する一方、「現在は民主的に選ばれた政府高官に対する暴動の扇動に使われており、状況が一変した」と判断を覆した理由を述べた。

フェイスブックの姿勢を問題視してきた人たちの間からは今回の判断を歓迎する声があがるものの、これで批判を抑えられるかは不透明だ。

「選挙不正」などトランプ氏の度重なる不正確な内容の投稿を許容したことにより陰謀論を信じる人たちが増えたとの指摘があるほか、任期が残りわずかになってからの対応に対して「決して英雄的行為ではない」(投資家のM・G・シーグラー氏)などといった冷めた見方が出ている。

一方、米ツイッターはトランプ氏の投稿した動画を閲覧できなくしたうえで削除を求めた。トランプ氏は求めに応じて削除し、同社は7日、アカウントの凍結を解除した。ただ、ツイッターも再び規約違反があった場合はアカウントを永久に凍結すると警告している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン