/

米貿易赤字が過去最大、2月 自動車輸出が減少

米国の輸入需要は堅調だ(米フロリダ州マイアミ沖のコンテナ船)=AP

【ワシントン=鳳山太成】米商務省が7日発表した2月の貿易統計(通関ベース、季節調整済み)によると、モノの貿易赤字は870億7100万ドル(約9兆6000億円)と前月に比べて3.2%増えた。寒波や半導体不足で自動車の輸出が減り、単月で過去最大の赤字を記録した。

輸出は3.5%減の1307億ドルだった。部材不足や停電で国内の供給に制約がかかり、自動車や産業機械など資本財の輸出が減った。

輸入は2177億ドルと0.9%減った。政府の景気刺激策や新型コロナウイルスを受けた「巣ごもり消費」で内需は堅調だ。国内外でサプライチェーン(供給網)が滞ったため、輸入減につながった。

米国では3月に1.9兆ドルの追加経済対策が成立し、米財政赤字は拡大傾向にある。ワクチンの普及も後押しして、経済回復のペースが他国より速い。貿易赤字が広がりやすい構造が今後も続く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン