/

米ゴールドマン、仮想通貨トレーディング事業に参入

(更新)
ゴールドマンの参入で仮想通貨のトレーディングが活発になる可能性がある=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融大手ゴールドマン・サックスは6日、暗号資産(仮想通貨)のトレーディング事業に参入したことを明らかにした。ビットコイン価格に連動するデリバティブ(金融派生商品)の売買を仲介する。機関投資家の間で運用需要が高まり、ウォール街は関連サービスの立ち上げに本腰を入れ始めた。

ゴールドマンのパートナー、ラジェッシュ・ベンカタラマニ氏が社内向けメモで、仮想通貨トレーディングチームの設置を明らかにした。世界の通貨や新興国資産の売買を仲介する部署に置かれるという。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場するビットコイン先物のほか、「ノン・デリバラブル・フォワード」と呼ばれるデリバティブ取引を提供する。ビットコイン現物の売買仲介は手がけない。

ロイター通信によると、ゴールドマンは2018年に仮想通貨のトレーディングチームを設置したが、いったんサービスを打ち切っていた。顧客であるヘッジファンドや富裕層の間で運用ニーズが高まり、再開を決めた。

米金融機関は仮想通貨関連サービスへの関心を強めている。米シティグループは英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の取材に対し、仮想通貨のトレーディングやカストディー(管理・保管)業務への参入を検討していると明かした。米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロンはカストディー業務の立ち上げを公表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン