/

この記事は会員限定です

トランプ前大統領、危うい機密管理 情報源漏れに懸念

FBIの家宅捜索から1カ月

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米連邦捜査局(FBI)がトランプ前大統領の邸宅を家宅捜索してから8日で1カ月が経過する。最高機密を含む文書を大量に所持した疑いが強まり、危うい管理体制も明らかになった。機密の情報源が漏れれば情報収集活動に打撃となり、長期的に米国の安全保障を揺るがしかねない。

FBIは8月8日、南部フロリダ州にあるトランプ氏の邸宅マールアラーゴを家宅捜索した。FBIは最高機密に分類された文書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません