/

米高官、オミクロン型「重症化しにくい可能性」

【ワシントン=鳳山太成】ファウチ米大統領首席医療顧問は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」について、初期のデータに基づけば従来型に比べて重症化しにくい可能性があると指摘した。最終的な結論を出すためには数週間かかると説明した。

ファウチ氏によると、オミクロン型が広がった南アフリカの病院が報告した初期データでは呼吸系の症状が出たり、高度な治療が必要になったりした患者はほとんどいなかった。入院や酸素補給が必要になる症例も少なかったという。

ただ「あくまで暫定的なデータだ」として注意を促した。南アからの追加情報を引き続き分析していく方針だ。

ファウチ氏はオミクロン型が、現在主流を占める「デルタ型」よりも感染しやすい可能性があると説明した。感染や重症化の予防にワクチンがどれくらい効果があるのかはまだ不明だと改めて指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン