/

この記事は会員限定です

米株、法人税率「15%」よりも金利動向(NY特急便)

米州総局 宮本岳則

(更新) [有料会員限定]

米国株は最高値圏で膠着状態が続いている。主要7カ国(G7)が先週末に法人税の最低税率を「少なくとも15%」と明記した共同声明を採択したが、7日の米株式市場ではほぼ材料視されなかった。投資家が気にするのは米金利の動向だ。

「一部のトレーダーは夏休みでデスクを離れている」。米サスケハナ・インターナショナル・グループのデリバティブ戦略共同責任者、クリストファー・マーフィー氏は7日、閑散市場を横目にこう話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン