/

米、ベネズエラと原油輸入再開協議 ロシアの代替めざす

(更新)

【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米政権が南米ベネズエラへの経済制裁の一環で停止している同国産原油の輸入再開を協議したことがわかった。米欧が検討しているロシア産原油の禁輸に備えたベネズエラへの制裁緩和で代替する調達先を確保し、原油価格の高騰を和らげる狙いだ。

ロイター通信などによると、米政府高官が5日にベネズエラの首都カラカスを訪問し、同国のマドゥロ大統領、ロドリゲス副大統領と会談した。米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は7日の記者会見で「政府高官がベネズエラを訪れた目的はエネルギー安全保障を含むさまざまな問題を議論することだ」と述べた。

会合では米国側は公正な大統領選の実施や石油産業の改革に加え、ウクライナに侵攻したロシアを非難するよう促した。ベネズエラ側は原油禁輸の全面解除やマドゥロ氏への制裁撤回などを求めた。

米国は2019年に当時のトランプ政権が反米左派のマドゥロ政権に経済制裁を発動し、外貨獲得手段である原油の輸入を制限した経緯がある。5日の会談で合意に向けた進展はなかったものの、協議を継続する方針では一致。次回の日程は決まっていない。

ベネズエラはロシアを擁護する立場をとる。ロシアのプーチン大統領とマドゥロ氏は1日、電話で協議した。インタファクス通信が伝えた。プーチン氏はウクライナ情勢について説明し、マドゥロ氏はロシアへの支持を表明。両国首脳は戦略的な協力の強化について話し合った。

ブリンケン米国務長官は6日の米CNNのインタビューで欧州の同盟国・有志国とロシア産原油の輸入禁止を検討していると表明したのを受け、日本時間の7日に原油の国際価格は約13年8カ月ぶりの高値を付けた。米国でもガソリン価格のさらなる高騰などへの懸念が強まっており、ロシア産原油の禁輸を想定した調達先の確保を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン