/

この記事は会員限定です

米政権末期駆け込み 反ESG規則の波紋(NY特急便) 

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

7日の米国株式市場では様子見ムードが広がった。特段の材料がない中で景気敏感株への売りが目立ち、ダウ工業株30種平均は終日マイナス圏で推移した。市場の注目は追加経済対策の行方と、大統領選の当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領の新政権構想に移った。一方、銀行関係者の間ではトランプ政権が駆け込みで進める政策に関心が集まっている。

「米通貨監督庁(OCC)には失望した」――。米銀のロビー団体、銀行政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン